検索
  • caco design

グラフィックデザインとトレーラー事業

更新日:7月5日

コロナ渦で始めた副業も私なりに深さが出てきました。

2月は本業が忙しく、副業は構想ばかりで行動に移す部分が少なかったのですが、何事も時間が必要で、2月の間に新しいイメージも湧いてきました。


食品衛生責任者養成講習をeラーニングで受講し、修了証をいただきました。

本格的なフードトラックを自分ではやりませんが、個装のお菓子などは販売可能になりますので楽しみになっています。

コロナ渦で便利なことも増えました。かつてなら講習会は自宅ではできなかったと思います。


2月の収穫としては、トレーラーの写真をSNSを通じて知り合ったアマチュアカメラマンに頼み、とても良い写真が仕上がったことです。プロカメラマンももちろん良いのですが、被写体への愛情の深さが写真に現れていると思いました。


撮影していると、ロケ地(許可を撮っていない場合)で地域の人や通行人への配慮が必要になります。お店の看板背負って撮影しているので、ネガティブな状況は命取りではないかと思っています。


前回は色々な人に怒られました。そのリスクで良い写真が撮れるのか??撮影しているときも宣伝をしているという意識で撮影をしていただきたいものです。

今回は若いカメラマンが楽しそうに撮影している姿が微笑ましかったです。

トレーラーは誰かを幸せにするものでありたいので、笑顔で撮影の時間を過ごしたいです。

私も未熟ではありますので、次回は経験豊富なプロにドローン撮影をしていただく予定です。ドローンで問題が起きないように配慮していただけるようで安心です。

クリエイティブな仕事はプレッシャーよりも自然体で取り組むのが上手くいくようです。


館山は暖かく、菜の花が咲いていました。地元の方たちも雰囲気が良くて、撮影中にご挨拶したりちょっとしたおしゃべりをしたり楽しかったです。

通りすがりのおじさんもよかったなー。


写真はスマホです。新しいカメラが欲しくなりました。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示